Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

vscodeでPythonを使う際に仮想環境を作るって書いてたんですが

るんさん
2回答

1人でコード書いて遊んだり勉強する分には作らなくてもいい感じですかね?

仮想環境というものがよく分からなくて、調べた感じだと他のOSでも起動できるようにする的な事書いてたので、実務じゃないなら必要ないのかなと勝手に判断してます。
仮想環境の専門家いましたらご教示下さい。


  1. venvのことを仮想環境と呼んでいるので、わるるんさんが調べた「他のOSでも起動できるようにする的な」とは別物です。

    「venvとは」で一度検索してみてください。
    どんなものかある程度分かると思います。

    今必要だと思ってないなら使わずに学習を進めて大丈夫だと思いますよ。

  2. 専門家じゃないですが時々苦しんでる(現在進行系)ので…。
    Pythonの仮想環境は、例えば作りたいものごとにPythonの実行環境や依存ライブラリを変えたい場合に便利です。先々、機械学習やWebアプリ開発などをやりたいときに、以下のようなことが起こりがちなので、限定したプロジェクト(ディレクトリ)だけにカスタマイズした環境をつくれます。その環境を捨てて作り直すのも簡単です。

    ・依存ライブラリが必要としているPythonのバージョンに合わせる
    ・クラウドの実行環境(例えばAWS Lambdaなど)で求められるバージョン・ライブラリに合わせる
    ・複数人で同じ開発環境を使って開発する(=バージョンやライブラリを統一する)

    私は、同僚からはpyenv + poetryをおすすめされましたが、上で書かれてる pipenv や venv も選択肢に入るでしょう。
    いずれの場合でも、「本腰を入れてやってみるか」となってあとから仮想環境を作るでも構わないと思います。

 回答 (2件)

回答受付中の質問

    タイトルとURLをコピーしました